児童発達支援 ガッツ住道

 

まず、障害児通所支援とは、障害児を支えるための児童福祉法に基づく制度です。
それは自宅から施設に通ってサービスを受けるタイプの事業の総称で、未就学児を対象とした児童発達支援を6歳までお預かりします。

受給者証があると各施設と契約できるようになり、国と自治体から利用料の9割が給付され、自己負担1割でサービスを受けられます。利用した日数に応じた1割負担分の利用料を支払いますが、前年度の所得によりひと月に保護者が負担する額の上限が決められているので、利用する日数が多くても下記の金額以上の負担は発生しません。また、自治体によっては独自の助成金がある場合もありますので、お電話やメールでお問い合わせ頂ければ、見学も含め、親切に対応させて頂きます。

私ども児童発達支援ガッツ住道は、小さなお子様を夜、6時までお預かりし、ご希望の場所へお送りさせて頂いています。